バナナという名のぶどうがある!など、ぶどうの豆知識3選

今回はぶどうの豆知識3選をお届けしますね!

 

1.めずらしい「バナナ」

まずは「バナナ」について。

えっ!?(今「ぶどう」って言ったのにー!)

…と思ってしまいそうですが、実は「バナナ」という名前のぶどうがあるんです。

実が細長くて、見た目もバナナっぽい形をしています。

色はマスカットみたいなイエローグリーン。

でも大きさはさすがに、バナナほど大きくはありません。

 

2.ミニトマトみたいな「ルビーロマン」

大きいと言えば、「ルビーロマン」!

その名のとおりキレイな赤色をしていて、中にはなんと直径4センチのものもあるそうです。

大きくて赤いので、ちょっとミニトマトみたい。

初競りでは1房100万円以上の値段がつくそうです。(8月頃の店頭価格は1万円ほど)

 

3.ぶどうだけじゃない「ブドウ糖」

「ブドウ糖」という言葉を耳にしたことがあると思います。

その名前から「ぶどうに含まれている果糖のこと?」と思われることもありますが、実はぶどうに限らず色んな果物や穀類などに含まれています。

ぶどうから発見されたので日本では「ブドウ糖」と呼ばれていますが、「グルコース」とも呼ばれます。

 

~おまけ~
ぶどうの表面に白い粉のようなものが付いていますが、これは天然の「ブルーム」というもので、有害なものではありません。自然界で果実が病気などから身を守るために生み出すものです。